痩せるための食事法!効果的な食事の摂り方とは

ダイエットを成功させるためには、普段の食事に気を配らなければなりません。

 

そもそも、摂取カロリーを減らさなければダイエットの成功は難しいのです。

 

こちらでは食事から効果的に痩せる方法をお話しします。

 

どのように食事に対処すればダイエットが達成できるのかについて詳しく解説します。

 

 

■食事の量について

 

・朝食⇒少し多めでも構わない。
・夕食⇒食べ過ぎは禁物。減らすべき。

 

人間にはカロリーが消費しやすい時間帯と、しにくい時間帯があります。

 

昼間の時間帯は、カロリーの消費率が高いといった特徴があり、夜はカロリーの消費率が低いのです。

 

朝食に関しては、食べた分を消費しやすいので多少食べすぎたとしても問題ありません。

 

一日を活動的に生活するためにも、しっかりと食べるのがおすすめです。

 

一方の、夕食に関しては、あとは寝るだけといった状況になります。

 

食べたもの消費されずに、そのまま体内に蓄積されやすいのです。

 

できれば、腹八分目などに抑えましょう。

 

 

■食事の食べ方について〜野菜を先に食べるのは本当におすすめなのか〜

 

食事に関しては、食べる順番を考えるのがおすすめです。

 

野菜を先に食べると痩せやすい体質になるといったことは、本当のことになります。

 

もちろん、野菜をたくさん食べることで満腹感を得て、肉や炭水化物の摂取量を減らすといった意味合いもあります。

 

・先に野菜を食べると血糖値の上昇をゆっくりにしてくれる

 

炭水化物などから食べ始めてしまうと、血糖値の上昇が早くなってしまいます。

 

糖分の吸収も早くなってしまうので、脂肪が付きやすい状態になりますよ。

 

 

■ゆっくり食べること

 

早食いにはリスクがあります。

 

特に太りやすい方の食生活をのぞいてみると、早食い傾向であることが多く、肥満と強い因果関係があるのです。

 

・満腹感をなかなか感じられない

 

ゆっくりと回数を多く噛むことで人間は満腹感が得られるようにできています。

 

しかし、早食いの方は、噛む回数が少ないのです。
.
ですから、満腹感が得られないまま、どんどんと食べ進めてしまうのです。

 

早食いはドカ食いへとつながります。

 

摂取カロリーが多すぎると、どんなに運動しても痩せられません。

 

食事は、ゆっくりと取ることを心がけてください。

 

そして噛む回数を意識してください。

 

一口ごとに20回程度噛むようにするのがベスト、と言われている点も指摘しておきます。

 

 

■カロリーを気にすること

 

お弁当を食べる時は、特にカロリーをチェックしてください。

 

何も知らないでいると、高カロリーのものばかり食べていることもあります。

 

普段からカロリーを気にするように生活すると、だいぶ食に対する意識も変わってきて、ダイエットしやすくなりますよ。