簡単足痩せ!下半身ダイエット法を徹底調査!

 

女性にとって特に気になるパーツが脚です。

 

美脚を目指している方は実際にかなり多いのですが、なかなか憧れの脚にはたどり着かないものです。

 

特に30代以降になると、下半身の肉がどうしても付きやすくなってきます。

 

では、どのようにして下半身対策を行えばいいのでしょうか。

 

こちらでは特に簡単な方法をいくつかお教えします。

 

 

 

■スクワットで太ももとおしりの対策!

 

特にお尻まわりの肉がついてしまったことに対して悩んでいる方が多いです。

 

そこで注目してほしいのが、スクワットです。最もイメージしやすいダイエット法なので、まずはこちらから解説します。

 

・深く行わなくて良い

 

スクワットダイエットで気を付いけたいのが、筋肉がついてしまうことです。

 

スクワットは、スポーツ選手が運動能力を高めるためにも行っているほどです。

 

あまりに深く行ってしまうと、目に見える筋肉がついてしまいます。

 

女性の場合は、目に見える筋肉は必要ないと思うので、浅いスクワットを行ってください。

 

膝を軽く曲げるような感じです。

 

その時に多少でも太ももに負荷がかかっていると思ったらそれで構いません。

 

・スクワットの効果が得られやすい部位

 

お尻まわりと太ももの裏側、そして太ももの全面です。

 

それらの場所に筋肉をつけ、脂肪を消費しやすい体質に変えてくれます。

 

もちろん、運動することで、脂肪燃焼も加速します。

 

・1日にどれくらいの回数行えばよいか

 

日常生活でもある程度は動いている方は、10回から20回程度でも十分です。

 

運動不足の方は30回程度行うと、効果が得られやすくなります。

 

 

 

■太もも痩せやむくみ対策になる下半身ダイエット法

 

・足パカエクササイズ

 

スクワットと違って運動法については多少説明が必要でしょう。

 

・仰向けに寝る

・足を持ち上げる(横から見ると体がL字型に見えるようにする)

・足を同時にその状態から左右に開く

・開いたら閉じるといった運動を繰り返す

 

以上が足パカエクササイズの簡単な概要です。

 

それほど難しくないです。テレビコマーシャルの合間などに行ってもいいかもしれませんね。

 

・効果を高めるコツ!

 

脚を持ち上げた状態でキープします。

 

相違することで反動を使って運動することではなく、しっかりと筋肉を使って運動することになります。

 

筋肉に対して与える影響を高める方法になります。

 

・1日あたりの回数は?

 

30回程度開いたり閉じたりを繰り返してください。

 

スクワットよりは筋肉を鍛えられませんが、スクワットでは鍛えにくい太ももの横を鍛えられるので、スクワットと足パカエクササイズは併用すべきです。

 

理想の下半身に一歩も二歩も近づくことになるでしょう。