骨盤ダイエットでビール腹・ポッコリお腹を撃退せよ!

 

女性も30代になると、お腹周りに脂肪がついてしまいます。

 

ビール腹のような状態になってしまったり、ポッコリお腹になってしまう方も少なくありません。

 

それらの原因として、骨盤のゆがみが指摘されています。

 

骨盤が開いてしまうと、お腹が前面に出やすくなってしまうとされており、骨盤ダイエットが話題になっているのです。

 

こちらでは、効果的な骨盤ダイエットの方法を紹介します。

 

お腹周りのお肉が気になっている方は、ぜひ一度チャレンジしてみませんか。

 

 

 

■なぜ骨盤がゆがむのか?原因を探る!

 

・歩き方
・座り方
・立ち方

 

以上の行為に関して、問題があることが多い場合に骨盤に不具合が生じるいといわれています。

 

自分でも姿勢が悪いと感じている方は、もしかしたら骨盤がゆがんでいるかもしれません。

 

※女性ではあまり多くないと思いますが、

 

胡坐(あぐら)をかく方は骨盤がゆがみやすいとの専門家の意見もあるので注意してください。

 

・ずっと歪みは解消されないのか?

 

人間には自力で歪みを修復する機能が備わっています。

 

姿勢を良くするなど気を付ければ、歪みは徐々に解消されるのです。

 

ですから、歪み対策を行えば結果は出ます。

 

 

 

■骨盤ダイエット法!ストレッチしよう

 

骨盤ダイエットの方法として、ストレッチがメインになります。

 

特に難しい方法を採用しているわけでもないので、その点は安心してくださいね。

 

・仰向けになって床に寝そべる
・ひざを立てる
・腹筋をするような感じで首と頭を持ち上げる
・持ち上げたら上体を左右にゆっくりとひねる

 

以上のストレッチを1日あたり10回程度行ってください。

 

慣れてきたら20回程度行いましょう。こんなちょっとしたストレッチであったとしても。

 

骨盤の矯正に大いに役立ってくれます。

 

さらに腹筋を鍛えることにもなるので、お腹が締まって見えるようにもなりますよ。

 

・仰向けになって寝そべる
・両ひざを曲げて胸に近づける(両足を桃上げしているような感覚)
・両ひざを左右にゆっくりと倒してゆく(ひざは閉じたまま行うこと)

 

このタイプのストレッチでも骨盤に良い影響を与えます。

 

実はこれも腹筋を鍛えることにつながります。

 

特にお腹の横の筋肉を鍛えることになるので、わき腹を痩せたい方にもおすすめの方法です。

 

 

 

■普段の生活で骨盤ダイエットする方法

 

・姿勢よく歩くこと

 

猫背になっていませんか。

 

姿勢よく歩くことが肝心です。

 

胸をしっかりと歩く感覚が重要です。

 

骨盤対策にもなりますし、骨盤のゆがみを矯正する効果も期待できます。

 

普段から姿勢に気を付けて生活するのが、最も効果的と言っても良いかもしれません。