健康的な痩身術!ダイエットと食事の関係性

 

ダイエットはどうしても不健康なイメージがつきまとっています。

 

やはり、食事系のダイエットのイメージが強いからだと思います。

 

では、健康な食事系ダイエットはできないのでしょうか?

 

もちろんそんな事はありません。

 

人体の事を理解すれば、健康的な食事ダイエットを敢行できるのです。

 

ダイエット時の食事について、どのように取り組めばいいのかを詳しく解説します。

 

 

■人体に必要な成分を把握する事

 

《三大栄養素》
・糖質(炭水化物)
・脂質
・たんぱく質

 

《五大栄養素》
・三大栄養素
・ビタミン
・ミネラル

 

以上の成分は人体にとってなくてはなりません。

 

体内で作り出すことはできないので、食べ物や飲み物として摂取しなければならないのです。

 

これらの成分が足りなくなれば、身体は異常をきたし、不健康な状態となります。

 

中にはダイエットをしていて、栄養失調になってしまう方もいるので注意が必要です。

 

・特にダイエット時に足りなくなる成分とは?

 

たんぱく質が足りなくなることがほとんどです。

 

タンパク質は筋肉を生成するためにはなくてはならない成分でもありますし、そもそもダイエットにも深い役割を果たしています。

 

足りない状態が続くと、痩せにくい体質となってしまう可能性もあるので、ダイエット時こそ積極的に摂取すべきです。

 

肉で摂取する事をイメージするかもしれませんが、大豆などの豆類でもたんぱく質は十分に摂れます。

 

ダイエット時は豆料理を増やすなどといった努力をされてみてはいかがでしょうか。

 

・炭水化物不足にも気をつける事

 

コメやパンなどを目の敵にする食事ダイエットも多くあります。

 

確かに、エネルギー源となるので、豊富に摂取すると、脂肪を消費しないで摂取した炭水化物ばかりからエネルギーを作り出してしまいます。

 

しかし、身体にはなくてはならないので、一定の炭水化物は取ってください。

 

ただ、摂りすぎると逆に食欲をますといったマイナス面もあるので、ダイエット時には摂取量を減らしましょう。

 

 

■深夜に食事しない事

 

・食べても消費されない

 

夜更かししていて、食事が深夜になってしまう方もいると思います。

 

深夜に食べたとしても、後は寝るだけといった状態なので、そのエネルギーが生かされません。

 

体内に蓄積される音になるので、ダイエットには適していません。

 

さらに夜中に食べると朝起きた時に食欲がない状態になり、朝食を抜いてしまう場合があります。

 

お昼になってから食事となるわけですが、食事間隔が空きすぎるのも問題です。

 

エネルギーが一定期間身体に入ってこないと、身体は飢餓状態と判断し、エネルギーの消費を抑え込んでしまうのです。

 

食事を定期的に摂取する事がダイエットにつながってくる点は、覚えておいて損はありません。

 

※深夜に食欲が出てきたら、食欲を抑える系のダイエットサプリもあるので利用しても良いと思います。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリを実際使ってみた使用感レビュー↓↓