ダイエッター必見!空腹感に打ち勝つ方法とは

ダイエットの大敵が「空腹感」です。

 

空腹感が出てくると、ストレスを感じてしまうわけです。

 

イライラとした気分になってしまい、ドカ食いのリスクが高まります。

 

ダイエットを成功させるためには空腹感に勝つ必要があるわけですが、一体どんな方法があるのでしょうか。

 

いくつかのおすすめの方法をお教えしますね。

 

 

■水を積極的に摂取すること

 

・水の摂取が空腹感を紛らわせる

 

水を飲んだだけで空腹感に打ち勝てるわけがない、と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、水をのむことでお腹が膨れる、といったこともあるのです。

 

水を積極的にダイエット中は飲んで下さい。

 

胃腸が刺激されて、満腹感が創出されることもあります。

 

ただし、水だとさすがに一時的な効果しかないのも事実です。

 

そこで水の種類にもこだわってみましょう。

 

 

・炭酸水を飲もう

 

炭酸飲料を飲んでから食事をしたら、思ったよりも食べられなかった、なんて経験はありませんか。

 

実は炭酸の泡がお腹をふくらませる効果があるのです。

 

しかも、その効果は一定時間持続するのでダイエット中にはかなりおすすめの対策法になります。

 

また、食事前に摂取することで、ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことにもつながってくるわけです。

 

積極的に水を飲み、その水の種類を炭酸水にすることで空腹感に対処できるようになりますよ。

 

 

■ガムを噛むこと

 

・噛むことによって満腹考えられる

 

人間は噛むことでお腹が満足する、といった仕組みがあるのです。

 

噛むことで満腹中枢が刺激されるので、おかなが空いた時には、ガムを噛んで空腹感を紛らわせてみませんか。

 

ガムであれば食べ物ではないので、カロリーをたくさん摂取するリスクも全くありません。

 

また、ガムには唾液を出すといった効果もありますよね。

 

唾液には口内環境を整える効果も有るので、口の健康をまもることにもつながりますよ。

 

 

■どうしても!な時はカロリーが少ないものを食べよう!

 

・寒天ゼリーを食べてみよう

 

寒天はカロリーが控えめであり、スーパーなどでもゼリーが販売されているなど手に入りやすいです。

 

しかも、ゼリーであれば甘みもあるわけです。

 

お腹を満足させられる食材なので、積極的に利用して下さい。

 

 

・ヨーグルトを摂取する

 

無糖のヨーグルトであることが重要です。

 

ヨーグルトはドロドロとしているので、お腹にたまりやすい、といった特徴があります。

 

満腹感が得られやすいので、空腹感を抑えられやすいのです。

 

また、ヨーグルトで注目して欲しいのが、便秘解消の効果です。

 

乳酸菌は善玉菌に当たるので、腸内環境を良くしてくれます。