プチ断食のすすめ|なぜプチ断食がダイエットに最適とされるのか

様々なダイエットがあるわけですが、その中でも特に効果がある、とされているのがプチ断食、とされているものです。

 

1日から3日程度の断食をおこなうことで、ダイエットを成功させる人が実際に多いわけです。

 

こちらでは断食の効能と方法についてお話します。

 

プチ断食をしてダイエットを成功させよう、と思っている人は要チェックです。

 

 

■プチ断食はなぜダイエットに効果的とされるのか?

 

・脂肪を効率的に減らせるから

 

脂肪は身体のエネルギーの確保のために蓄えられたものになります。

 

エネルギーのために蓄えられたものなので、そう簡単にはなくなりません。

 

だからこそ、人間は太りやすく痩せにくい、といった性質を持っているのです。

 

人間は脂肪以外にもエネルギーとしているものがあります。

 

それは肝臓や筋肉にあるものです。

 

いわゆるグリコーゲンと呼ばれているものですが、実はこれが厄介な存在なのです。

 

例えばダイエットをしたり運動をしてエネルギーを消費したら、すぐに脂肪を使ってくれれば痩せられるわけですよね。

 

しかし、優先的に使ってしまうのはグリコーゲンなのです。

 

その結果、せっかくダイエットしたとしても、単にグリコーゲンが利用されただけで脂肪は残り続けてしまいます。

 

そこで注目して欲しいのが、プチ断食です。

 

一定期間、カロリーを体に入れないわけです。

 

断食の期間中は、肝臓や筋肉にあるグリコーゲンも全て使い果たしてしまいます。

 

その結果、脂肪を使わざるを得ない状況となるわけです。

 

体脂肪を効率的に燃焼できる効果があるからこそ、プチ断食はおすすめなのです。

 

 

■プチ断食の方法とは?

 

・予備断食をすること

 

いきなり完全な断食を行ってしまうのはよくありません。

 

急にお腹を空っぽにしてしまうと、胃液などが胃に傷をつけてしまうのです。

 

健康的な断食をするためには、予備断食を1日掛けて行って下さい。

 

方法としては、昼の食事を8割程度に抑え、夜の食事を半分にします。

 

 

・断食日について

 

食事については一切取りません。しかし、水は摂取して下さい。

 

断食を行っている日は、激しい運動は厳禁です。

 

血糖値や血圧に問題が出てくる可能性も有るので、なるべく静かに過ごして下さい。

 

もちろん、寝てすごさなければいけない、といったわけではありません。

 

一般的な家事をして過ごせばよいのです。

 

ちなみに水を少し多めに摂取することで空腹感が抑えられることもありますよ。

 

 

・断食終了の翌日

 

朝食から食事を摂ることになりますが、おかゆのみを食べて下さい。

 

胃腸が働いていないので、いきなり硬いものの摂取は良くありません。

 

昼食と夕食に関しても、半分程度に抑え、さらに翌日から一般食に戻ります。