ダイエット中でも飲み会で食べてOKなものって何?

ダイエットをしていたとしても、付き合いはあります。

 

上司に誘われたら嫌でも付き合わなければいけませんよね。

 

しかし、外食は太る可能性も極めて高いわけです。

 

そこで知ってほしいのが、飲み会で食べても平気なものを知っておくことです。

 

こちらでは太るリスクが極めて少ないメニューを紹介します。

 

外食に行くごとにダイエットが失敗してしまっているそこのアナタは要チェックですよ。

 

 

■大豆系の食品を摂取すること

 

・高タンパクで低カロリーである

 

大豆系の食品といえば、豆腐料理や納豆といったものがあります。

 

ほかにも豆乳や枝豆といった関連のメニューがある飲食店もありますよね。

 

大豆に関しては、太る可能性が極めて低い、といった特徴が実際にあるのです。

 

大豆に含まれている成分は殆どがプロテイン、いわゆるタンパク質なのです。

 

タンパク質は筋肉の原料になり、脂肪になるものではありません。

 

しかも、大豆は低カロリーです。

 

ハイカロリーな食べ物ではないので、非常にヘルシーなのです。

 

タンパク質は筋肉の原料になると述べましたが、ダイエット中に筋肉は大きな働きをしてくれます。

 

筋肉があなたの摂取したカロリーをたくさん消費してくれるのです。

 

ダイエット中は肉料理などを制限しているケースも多く、タンパク質不足の極みです。

 

大豆製品は飲食店ではもちろんですが、家でも積極的に食べて下さいね。

 

 

■肉料理中心の店にいった時はどうすれば良いの?

 

・鶏肉を食べよう

 

鶏肉に関しては、脂肪分が極めて少ない、といった特徴があります。その代表格がササミですね。

 

一方で豚肉や牛肉は脂肪分も多く、太る可能性があるので気をつけてください。

 

魚料理があるお店であれば、魚料理を中心に食べる、といった方法もあります。

 

※肉料理に関してはそれほど気にしなくても良い、といった指摘をする専門家も居ます。

 

確かに、動物性の脂ですが脂肪になりにくい事実はあります。

 

実は我々の脂肪のほとんどは、炭水化物なんですよ。

 

 

■タレ選びに気をつけよう

 

・タレではなく塩を選択すること

 

タレにはかなりのカロリーが含まれていることもあります。

 

肉料理を食べつつ、タレを使っていたら摂取カロリーが一気に跳ね上がってしまうのです。

 

確かにタレは美味しいですよね。

 

しかし、ダイエット中のみでもあるわけです。

 

そんな時は、塩で我慢して下さい。

 

塩で食べる焼き肉もとても美味しいものですよ。

 

 

■飲み会前にダイエットサプリを利用しよう

 

・カロリーカット系サプリがおすすめ

 

ダイエットサプリにも様々な種類があるのですが、その中でも食べたものの吸収を阻害してくれるサプリもあります。

 

今日は飲み会でたくさん食べてしまいそう、なんて場合には、前もってダイエットサプリを用意して利用すべきです。