あなたは当てはまる!?太りやすい体質とは

ダイエッターの方に最も気をつけて欲しいのが太りやすい体質です。

 

誰もそんな体質にはなりたくないわけですが、こちらでは太りやすい体質について詳しく解説します。

 

自分に当てはまることがあるのかチェックしてくださいね。

 

当てはまらないのであれば心配ありませんが、当てはまるのであれば太り過ぎないように注意しなければなりません。

 

 

■10歳までに太った経験がある人は太りやすい体質である

 

・脂肪細胞が増えている可能性あり

 

脂肪細胞の数には限りがあります。

 

そもそも、増殖する時期が決まっているのです。

 

大人になってから脂肪細胞の数が増えることはありません。

 

実は、10歳まで増加することが分かっているのです。

 

ですから、10歳までに太った経験がない方は痩せやすい体質となります。

 

我々の肥満には、脂肪細胞に大きく関わっています。

 

食べればだれでも太れるわけではないのです。

 

たとえば、大相撲の小兵力士として知られていた隆の山は、どんなに食べても90キロ台でした。

 

後に禁止されたのですが、インシュリン注射をしてまで食べていたそうですが、脂肪となってカラダに身につくことはなかったのです。

 

脂肪細胞は誰にでもありますが、大きくなるのにも限度があります。

 

そして数が少なければ、脂肪自体が体内に蓄えられにくくなります。

 

10歳までに1度も太った経験がなければ、あなたは肥満体質ではありません。

 

一方で、太ったことがあれば、太りやすい体質なのです。

 

 

■冷え性である方は太りやすい体質である

 

・脂肪の燃焼がしづらい体質である

 

たくさん食べても、しっかりとエネルギーを消費できれば問題はありません。

 

そのエネルギーの消費に関わってくるのが体温です。

 

体温が高ければ高いほど消費できる仕組みとなっています。

 

一方で、冷え性の方は体内のエネルギーを消費しにくくなります。

 

脂肪もそのままとなってしまい、どんどんと蓄積されてしまうのです。

 

脂肪の燃焼が効率的にされるように、冷え性の改善をすべきです。

 

脂肪燃焼系のダイエットサプリを利用する、なんて方法もオススメですよ。

 

 

■筋肉がつきにくい体質である

 

・筋肉があれば消費を助けてくれる

 

筋肉量が多ければ多いほど脂肪はカラダに身につきにくくなります。

 

ですから、筋肉量が少ない人は、太りやすい体質となるのです。

 

筋肉は何もしなければ身につきません。

 

筋トレをして痩せやすい体質をゲットしましょう。

 

ちなみに筋肉は下半身につきやすい性質が有るので、足を鍛えるのがおすすめですよ。