脚痩せは難しい|効率的な方法を考えてみた

ダイエットする場合には、たとえばウエストサイズであればある程度の結果は出やすいです。

 

しかし、脚痩せとなるとそう簡単なものではありませんよね。

 

ファッションを楽しむためには、細い足が必需品なわけですが、どんなにダイエットしても太ももが太いままであることも少なくありません。

 

こちらでは脚痩せは難しいことは理解しつつも、少しでも効率的な方法をお教えします。

 

脚痩せが達成できなかった経験がある方は必見ですよ。

 

 

■大きな負荷をかけて脚を鍛えあげること

 

・脚のみで脂肪を消費できる状況を作り出すこと

 

脚にある脂肪を消費するためにも、足に筋肉をある程度付けなければなりません。

 

特に、太腿の筋肉は鍛えるべきです。

 

人体の中で、最も大きな筋肉が太ももにはあります。

 

その筋肉を鍛えれば、太もも痩せが達成できる可能性が一気に高まりますよ。

 

 

・どんな方法で太ももを鍛えるのがおすすめ?

 

最も効果的なのがスクワットです。

 

女性には少しきついかもしれませんが、1日で10回程度でもいいので行ってください。

 

たったそれだけでも、筋肉がつくようになります。

 

女性の場合は、筋肉が付き過ぎるのも嫌だと思っているはずです。

 

スクワットの回数もある程度セーブすれば、そのリスクは低くなります。

 

スクワットをする時ですが、最初は膝を痛めてしまうかもしれないので、あまり深く沈み込まないでください。

 

慣れてから、少しずつ深く沈み込むようにするのがおすすめですよ。

 

 

■脚にセルライトがある場合の脚やせ方法

 

・セルライトへマッサージを敢行する

 

セルライトとは、凝り固まってしなった脂肪のことを指しています。

 

脂肪が固まってしまうと、仮に運動したりしても、その脂肪が消費しにくいのです。

 

どんなに頑張ってもセルライトのある部位は太いままとなってしまいます。

 

特に太ももの裏の部分にはセルライトがつきやすく、対策をしなければなりません。

 

単に食事制限をしたり運動をしたとしても、セルライトが減るわけではありません。

 

セルライトを、まずは柔らかくする必要があります。

 

柔らかくするためには、マッサージがおすすめなのです。

 

お風呂に入っている時に、セルライトが少しでも柔らかくなるように揉みしだきましょう。

 

さらに、エステティックサロンでマッサージしてもらうのもおすすめですし、特殊なマシーンを利用するのも良いです。

 

特殊なマシーンでは、セルライトの内部までしっかりと振動が伝わるようなものもあります。

 

少し費用はかかりますが、おすすめの対策法になります。