安全なダイエット|体重よりも痩せて見える人の特徴

体重を減らし続けてしまうダイエットは危険です。

 

こちらでは、安全なダイエットをするためにも、どうすれば体重よりも痩せて見えるのか、といったお話をします。

 

そもそも見た目が重要なわけです。体重は思い通りにならなくても、見た目が思い通りになれば問題ありませんよね。

 

 

■ファッションで対策可能|手足が長いと痩せて見える

 

・手足を長く見せてスタイル抜群に

 

手足が長いと、スタイルがよく見えるのは女性だけでなく男性にも共通することです。

 

手足が長いと、そもそも身長を高く見せる効果があるわけです。

 

ただし、手足の長さを変えることはできません。

 

そこでファッション対策をするわけです。

 

ジーンズを腰の上の方で履く、といったこともおすすめですよ。

 

腰パンをしてしまうと、身長が低くみあてしまいますし、足が短く見えてしまいます。

 

スタイルが悪い印象を与えてしまうので、ファッションであえて腰パン状態にしている以外は、長く魅せるような服装を意識しましょう。

 

【手足を長く魅せるおすすめのファッション例】
・裾が長いシャツ
・ブーツカットタイプのジーンズなど

 

 

■顔がしまっている

 

・小顔である

 

顔がむくんでいる方は非常に多いと思います。

 

特に顎からエラにかけてがむくんでしまうと、顔が非常に大きく見えてしまうのです。

 

顔は日常的にさらされてもいます。

 

人の印象の多くは顔によるものなのです。

 

顔がむくんで大きな状態になってしまうと、それだけで太っている印象があります。

 

特に下膨れ状態になりやすい人は、体重よりも太って見られてしまいがちなので十分に注意してくださいね。

 

一方でむくんでいないで小顔の女性は、体重以上にスリムに見られるわけです。

 

 

・小顔になるためにはどうしたら良いのか

 

リンパ系のマッサージをするべきです。

 

リンパの流れが悪いと、むくみの症状が出てしまいます。

 

顔のリンパの流れに影響を与えているのが鎖骨付近です。

 

その鎖骨付近を重点的にリンパマッサージすることで、流れが良くなります、むくみにくくなるので積極的に行ってくださいね。

 

 

■筋肉量が多いこと

 

・スタイルが維持されている

 

いくら体重がなくても、筋肉がなければ肉が垂れ下がってしまいます。

 

一定以上の筋肉がある女性は、スタイルを維持できます。

 

スタイルがある程度整っていることで、体重以上に痩せて見えるのです。

 

そもそも、筋肉はしまって見える効果を生み出してくれます。

 

筋肉自体は重いわけですが、太っては見えにくいので安心して筋トレしてくださいね。