なぜ!?リバウンドを繰り返すと太りやすくなる理由

ダイエットを繰り返している方の中には、リバウンドするごとに太りやすくなるのを実感している方も少なくありません。

 

実は、それには理由があるのです。

 

こちらでは、リバウンドが繰り返されることにより太りやすくなるメカニズムについて詳しく解説します。

 

実際にどんな理由が隠れているのでしょうか。

 

 

■リバウンドするごとに筋肉量が減少している

 

・過度な食事ダイエットによる弊害

 

多くの女性が食事系のダイエットをしています。

 

食事を抑えることがダイエットに役立つことは間違いありません。

 

ダイエットの成功は食事と切っても切れないのです。

 

しかし、ダイエット中に誤った食事をしていませんか。

 

もしも誤った食事をしてしまうと、確実にリバウンドをして、太りやすい体質になってしまいます。

 

特に過度な食事ダイエットをしている方は注意しなければなりません。

 

 

・タンパク質の摂取をしないと危険

 

食事ダイエット中に、食事量を一気に減らしてはいませんか。

 

特にタンパク質の摂取を減らしてしまうと、様々な危険が出てきます。

 

主な問題点としては、筋肉量の低下があります。

 

タンパク質を摂取しなければ、筋肉が生成されません。

 

ドンドンと減ってしまうのです。

 

筋肉が関わっているのが、カロリーの消費です。

 

筋肉量が多ければ、カロリーを効率的に消費してくれます。

 

スポーツ選手が我々より食べても太らないのは身体を動かしているのはもちろんですが、豊富に筋肉が付いているからにほかなりません。

 

食事ダイエットを繰り返すと、どんどんと筋肉が低減します。

 

その結果、太りやすくなってしまい、肥満体型になってしまうかもしれませんよ。

 

 

・筋肉のために炭水化物も摂取すること

 

ダイエットのためには炭水化物を減らすのが当たり前ですよね。

 

それは間違いではありません。

 

しかし、炭水化物を完全に取らない状態になると、筋肉を分解してエネルギーを作り出す性質が我々にはあるのです。

 

エネルギーの消費に役立ってくれる筋肉がなくなってしまわないように、ダイエット中は炭水化物もある程度は摂取してくださいね。

 

 

■体が飢餓モードに入ってしまっている

 

・身体が消費しにくい状態になっている

 

食事量を減らしたダイエットをすると、我々の身体はエネルギーの消費をしにくくなります。

 

いわゆる飢餓モードと呼ばれるものです。

 

アネルギーを蓄える体質となってしまい、リバウンドしやすいのです。

 

過度な食事系ダイエットを繰り返すと、飢餓モードに繰り返し入ることになります。

 

リバウンドに大きく関わるので注意してください。