ダイエットとスイーツ|甘いものは女性の癒し効果

女性にとってはダイエットがかなり身近なものです。

 

そしてその大敵とも言えるのが甘いモノです。

 

スイーツを毎日でも食べてしまう方も少なくありません。

 

ダイエットをしたいのに、甘いもの主食べたくなってしまい、大いに悩んでいる方もいるでしょう。

 

こちらでは、そもそも砂糖にはどんな効果があるのか、といったことをお話します。

 

本当にダイエットにいけないのでしょうか。食べたら太ってしまうのでしょうか。

 

 

■日本人の砂糖の消費量は多いの?少ないの?

 

・世界的に見れば消費量は少ない

 

欧米に比べれば圧倒的に砂糖の消費量が少ないのが日本です。

 

たとえばオーストラリアでは、年間お砂糖消費量は一人あたり52.2キログラムにもなります。

 

アジアのタイでも38.6キログラムです。

 

アメリカは肥満大国といったイメージもありますが、それらの国よりも少なくて、32キログラムにとどまります。

 

では、日本はどれくらいなのでしょうか、実は17.5キログラムなのです。

 

圧倒的に砂糖の消費量は少ないです。

 

ですから、砂糖のリスク自体はそれほど大きくない、といえます。

 

我々が多少多めにとったとしても、各国よりはまだまだ少ないわけですから。

 

 

■そもそも砂糖を食べると太ってしまうのか?

 

・カロリーはそれほど高くない

 

ごはんやそばと殆ど変わらないカロリーとなっています。

 

そもそもご飯とそばといったほど大量には食べないわけですよね。

 

ですから、そんなに太ってしまうことはありません。

 

ちなみに砂糖のカロリーですが、1グラムあたり4キロカロリーほどです。

 

ダイエットをしており、どうしても気になるのであれば、最近ブームになっている低カロリータイプの砂糖、いわゆる甘味料を利用しましょう。

 

そうすればカロリーもかなりカットできますよ、

 

 

■砂糖には癒す効果がある!

 

・血糖値を上昇させてくれる

 

疲労に関しては、エネルギーを沢山消費している状態を指しています。

 

血糖値も低くなってしまっており、カラダを動かす気力もなくなってしまいます。

 

その疲れを癒やすためには、血糖値を正常に戻すことが最も必要なことなのです。

 

血糖値を上げるためには砂糖が大きな役割を果たしてくれます。

 

血糖値を正常に戻すわけですが、一般的な食べ物でももちろん回復します。

 

しかし、それにはある程度の時間がかかってしまいます。

 

一方で、砂糖は血糖値の上昇がかなり早いです。

 

手っ取り早く疲労状態から抜け出したいときには、砂糖がおすすめなんですよ。

 

 

・リラックス効果あり

 

砂糖にはリラックス物質のセロトニンとの関わりもあります。

 

セロトニンには精神を安定化させる機能があるのです。

 

イライラした時には、砂糖を摂取すると落ち着くことがありますよ。