腸内環境を改善してダイエットする方法とは?

ダイエットを考える上で、避けては通れないのが腸内環境になります。

 

ダイエットに適した腸内環境と、適していない腸内環境があるわけです。

 

こちらでは腸内環境をダイエット向きにする方法について詳しく解説します。

 

特に便秘気味でダイエットになかなか成功しない、といった方には必見のテーマですよ。

 

 

■水分をたくさん摂取すること

 

・便を柔らかくして排出しやすくする

 

便秘になると、腸内に長時間便がある状態になります。

 

長く便が腸内にあるということは、それだけ栄養が身体に吸収されることを意味しています。

 

食べたものが、すべて身になってしまう感覚、と言っても良いかもしれません。

 

仮に少食の方であったとしても、その栄養がほとんど吸収されることになったら、肥満になってしまう可能性も捨てきれないのです。

 

そこで水の摂取が重要になります。

 

便が硬いと、排泄が非常に難しいですよね。

 

実際に便秘の方の便は、快便の方に比べてかなり硬い事実があります。

 

水をしっかりと摂取することで、腸内に水分が行き渡るようになります。

 

便にも水分が含まれることになるので、便の硬さが緩和され輩出が楽になります。

 

その結果、便からの栄養吸収率が落ち着き、ダイエットがしやすくなるのです。

 

 

■腸内の善玉菌を増やすこと

 

・便秘の元になるのが悪玉菌である

 

腸内には、善玉菌と呼ばれる菌と悪玉菌と呼ばれる菌があります。

 

基本的に、善玉菌が8割程度で悪玉菌が2割程度います。

 

しかし、いつもそのバランスでいるわけではありません。

 

善玉菌の割合が減ってしまうこともあるのです。

 

そんな状態になると、腸内の環境が一気に悪化してしまいます。

 

有毒なガスを発生させてしまったり、便秘の状況を生みやすくなります。

 

さらに、消化吸収を阻害してしまうこともあるのです。

 

 

・善玉菌を増やすにはどうすれば良いのか?

 

ヨーグルトなどの発酵食品を摂取してください。

 

発酵食品には有効な菌がたくさん含まれており、腸内環境を整えるのに大きな役割を果たしてくれるのです。

 

また、酵素を摂取するのもお勧めです。

 

腸そのものの機能性を高めてくれる効果があります。

 

そもそも、酵素には消化酵素と代謝酵素があります。

 

両方とも長に大きな働きをしてくれる物質なのです。

 

酵素に関しては発酵食品に多く含まれています。

 

さらに、野菜やフルーツなどにも含まれているので、積極的に食べてくださいね。

 

特に野菜やフルーツには、腸内の環境を良くしてくれる食物繊維も大量に含んでいます。