痩せただけではダメ!体幹を鍛えて、美ボディになる!

単に痩せた女性って魅力的には見えませんよね。

 

実際にモデルのような、痩せすぎている女性は男性にはあまり人気がありません。

 

こちらでは魅力的見える美ボディの作り方についてお話しします。

 

実は体幹を鍛えると、美しいシルエットが得られるのですが、どんな方法で体幹は鍛えられるのでしょうか。

 

 

■簡単!姿勢を整える事で体幹を鍛える

 

・姿勢を良くするだけでも筋肉が鍛えられる

 

猫背になっている女性も非常に多いです。

 

猫背は、体の筋肉を弱くさせてしまう格好でもあります。

 

背筋を伸ばして、お腹を引っ込めてください。

 

その姿勢は、普段からしている人にとっては全く辛くありません。

 

一方で、普段から猫背で過ごしている方にとってはどうでしょうか。

 

実は、ものすごく辛い姿勢なんですよ。

 

正しい姿勢をキープするのは、体の内部の筋肉をしっかりと使います。

 

いわゆる、インナーマッスルに大きく関わってくるのです。

 

姿勢が良くなると、見た目の印象も圧倒的に変わってきます。

 

胸を張ることにより、胸の大きさも強調されることになります。

 

お腹も引っ込んで見えるようになり、「痩せた?」といったことが同僚から言われるケースも多くなるはずです。

 

 

・姿勢を良くして歩く方法

 

胸を張ってお腹を引っ込めるだけでなく、歩くときには一定の意識をするのが大切です。

 

ちょっと意外かもしれませんが、肛門を意識するのです。

 

肛門を引き締めるようにすると、姿勢の良さが歩いている時もキープできます。

 

そもそも肛門は身体の中心部にあるので、その位置がブレなければ正しい姿勢となるのです。

 

 

■腹筋を鍛える体幹トレーニング

 

お腹を鍛えることが、体感を鍛えることになります。

 

体の中心に位置する腹筋を鍛えることで、正しい姿勢もキープできるようになります。

 

腹筋を鍛えるためには、一般的な腹筋運動でも構いませんが、腹筋全体を意識して鍛える必要があります。

 

腹筋が割れてしまうような運動の必要はありませんが、一定量の筋肉が保持できる状態にすべきです。

 

 

・ヨガを活用しよう

 

ヨガが体幹を鍛えるための役立つ理由としてインナーマッスルへの影響があります。

 

ヨガは主にインナーマッスルに高い効果を発揮してくれます。

 

変わったポーズをとってその姿勢をキープする運動方法になりますが、腹筋などの全身を鍛えることにもつながります。

 

インナーマッスルは姿勢をキープするためにも多く使われており、美ボディには欠かせないのです。