体のしくみをしって効率よくダイエットすべし!

ダイエットを成功させるためには、身体の仕組みをしっかりと把握しておく必要があります。

 

何も考えずにダイエットしても、ほとんど効果が得られないこともあります。

 

こちらでは、効率的なダイエットを目指すために知っておきたい身体の内実について詳しくお話します。

 

 

■ストレスを溜め込んだ状態でダイエットをしないこと

 

・ストレスはダイエットの大敵である

 

ストレスを感じすぎるダイエットはリバウンドをまねきます。

 

食事制限をしすぎるダイエットは、空腹感といったストレスをずっと感じ続けることにもなりますよね。

 

その結果、ドカ食いをしてしまうのです。

 

苦労をして行っていたダイエットが、1食で意味がなくなってしまうことも考えられます。

 

さらにダイエットで注意したいのが、けっこうの問題です。

 

ストレスには、血管を収縮する作用もあります。血圧を高めてしまいます。

 

全身に血液が回らないような状態になってしまうので、新陳代謝も悪くなってしまいます。

 

脂肪の消費率を引き下げてしまうことにもなります。

 

 

・ストレスの対処方法は?

 

体に負担をかけすぎるダイエットはしないことが大事です。

 

断食ダイエットは空腹感が強いので、なるべく控えましょう。

 

行う場合には、置き換えダイエットなどを活用するべきです。

 

軽いダイエットから開始するのもお勧めです。

 

食事制限ダイエットをするのであれば、1食だけ炭水化物の摂取量を減らして見る感覚ですね。

 

運動についてもあまりにハードな内容にすると、身体に大きな負荷がかかり、それをストレスに感じてしまいます。

 

軽い運動から身体を慣れさせるのが肝心ですよ。

 

 

■食事をとる時間に気をつけること

 

・血糖値が下がる時間帯に食事を摂取すること

 

血糖値が下がっている時間帯に食事を摂ることで、エネルギーをすぐに消費してくれやすくなります。

 

体内に脂肪を溜め込みにくくなるのです。

 

では、血糖値の下がる時間帯とはいつなのでしょうか。

 

・午前6時から午前7時
・午前10時から午前11時
・午後4時から午後5時

 

※血糖値の下がる時間に関しては個人差があるので、誰でも上記した時間が適切とはいえません。

 

全部の食事を掲示した時間に済ませるのは難しいかもしれません。

 

しかし、1日1食でも2食でも良いので、時間を合わせて取ってみましょう。

 

同じ食事をとったとしても、エネルギーを消費しやすいか蓄えやすいかでは、ダイエットの結果にも大きな違いが出てきますよ。