体脂肪率を下げる手っ取り早い方法を教えて!

体脂肪率が25%を超えてしまうと焦りますよね。

 

25%から30%なんてあっという間ですから。

 

こちらでは、体脂肪率を効率的に減らせる方法について詳しく解説します。

 

最近になって、体脂肪率がじわじわと増え始めてきた人は必見です。

 

 

■バランスの良い食事を摂るすること

 

体脂肪率の話をしているのに、急に食事の話をしてびっくりしているかもしれません。

 

しかし、多くの方がダイエット法を間違えてしまっています。

 

・グレープフルーツだけ
・トマトだけ
・キャベツだけ

 

こんなダイエット法が巷に溢れかえっているのです。

 

これでは効率的に体脂肪を減らすことは出来ません。

 

そもそも、大事な栄養素を全く摂取していないのです。

 

 

・筋肉を減らさないダイエットが体脂肪率を効率的に減らしてくれる!

 

誤ったダイエットをすると、脂肪も多少は減りますが、筋肉量をダウンさせてしまいます。

 

筋肉は誰しも知っているように、脂肪を減らす役割があるのです。

 

その筋肉を減らしてしまっては、体脂肪率は下がりません。

 

しかも、ダイエット後には脂肪がつきやすくなり、体脂肪率を上昇させてしまう原因になります。

 

【体脂肪率を効率的に減らすために意識すべき食事内容】
・炭水化物を一定量は摂取すること
・タンパク質を摂取すること

 

炭水化物は死亡の原因になりますが、身体のエネルギーになります。

 

仮に炭水化物の摂取量が減ってしまうと、人体は筋肉を分解してエネルギーにしてしまうのです。

 

筋肉を維持するためにも、一定量のタンパク質は必須です。

 

さらに、筋肉を増やすためにタンパク質を補給することも大事です。

 

筋肉は定期的に破壊と再生を繰り返しています。

 

再生する時に、タンパク質がなければ、筋肉は増えないのです。

 

 

■水分補給を定期的に実施すること

 

・水分を補給することで新陳代謝をアップさせる

 

もしかしたら、アナタは冷え性ではありませんか。

 

冷え性は脂肪を蓄えやすくします。

 

脂肪を消費しづらくしてしまうのです。

 

そこでなぜ水分が重要なのかが知りたいですよね。

 

水は脂肪を処理する肝臓の働きに大きな役割を果たしてくれます。

 

そもそも水分がなければ、脂肪を消費してエネルギーを作り出しにくくなってしまいます。

 

1日辺り1リットル以上は意識して摂取してください。

 

特に夏場は汗をかいて水分を排出するので、1.5リットルから2リットル程度は飲みましょう。

 

コーヒーやお茶で水分補給をしていると感じるかもしれませんが、利尿作用などもあり、できれば水(ミネラルウォーター)で摂取するのがおすすめですよ。