バストを維持しながら痩せるテクニックとは?

痩せたいけど胸の大きさは維持したい、これは多くの女性が願っていることです。

 

しかし、実際にはダイエットをすると胸のサイズがダウンしてしまいます。

 

こちらでは、どうすれば胸を維持したままダイエットできるのか、といったことをお話しします。

 

おすすめの方法を提案するので参考にしてもらえたら幸いです。

 

 

■タンパク質を摂取しながらダイエットを行うこと

 

・大胸筋の筋肉量が落ちると胸のサイズがダウンする!

 

ダイエット中は食事制限を行ってしまいます。

 

その時は、お肉を食べなくなることも多いですよね。

 

お肉には豊富なタンパク質が含まれており、摂取しなければ筋肉量がダウンしてしまうのです。

 

だからといって、お肉の脂質がどうしても気になってしまいますよね。

 

 

・大豆製品でタンパク質を補おう

 

畑の肉、とも呼ばれているのが大豆です。豊富で質の良いタンパク質を豊富に含んでいる、といった特徴もあります。

 

高タンパク低カロリーなので、ダイエット食にも向いているのです。

 

ダイエット中に大豆を積極的に食べることによって、胸の筋肉が維持できます。

 

サイズの維持だけでなく、形の維持まで出来るようになります。

 

さらに、大豆には大豆イソフラボンが含まれている点にも注目しなければなりません。

 

大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た作用があることが分かっています。

 

女性ホルモンが高まることで、胸のサイズが維持できる、といった考え方もあります。

 

そもそもバストアップサプリメント、と呼ばれているものがありますが、その多くが女性ホルモンの働きを強化するものです。

 

大豆を食べれば、バストアップサプリと同じような効果まで期待できるのです。

 

 

■胸の筋肉を鍛えること

 

・胸上部の筋肉を効率的に鍛えよう

 

胸は筋肉によって支えられているわけですが、ダイエット中は運動も取り入れますよね。

 

その運動に、胸を鍛える運動を加えてしまうのです。

 

腕立て伏せを行うのもお勧めです。

 

胸の筋肉を効率的に鍛えることにもつながってきます。

 

また、肘をなるべく平行にして合掌ポーズを実施してください。

 

そして、左右の手をお互いに押し合うのです。

 

胸の筋肉に刺激が与えられているのがなんとなくでもわかると思います。

 

バストアップの筋トレ法の一つなので、ダイエット中に行ってくださいね。

 

 

■バストアップサプリを利用する

 

・女性ホルモンの分泌を高める

 

費用はかかりますが、より確実な方法です。

 

サプリ自体は、それほどカロリーのあるものではないので、比較的気軽に利用できるはずです。

 

より簡単にダイエット中にバストサイズを維持したいと考えるのであれば、サプリの利用を計画しましょう。