炭水化物をしっかり抜けば痩せるって真実!!

ダイエットには様々な方法が確立されています。

 

しかし、なかなか成功しない例も多いわけです。

 

こちらでは、近年注目されている炭水化物抜きダイエットについて詳しく解説します。

 

かなり効果が高いとされているのですが、なぜ炭水化物を摂取しないと痩せられるのでしょうか。

 

 

■炭水化物が脂肪になる!

 

・炭水化物を摂取しなければ脂肪がつかない

 

炭水化物は糖質と呼ばれているのですが、脂肪の元になることが分かっています。

 

我々の肉体には、エネルギーが蓄えられるシステムが有ります。

 

エネルギーを多く摂取してしまうと、その分を脂肪として体内に蓄積してしまうのです。

 

そこで、炭水化物抜きダイエットが確立されています。

 

脂肪の原因となる炭水化物を摂取しなければ、脂肪になるものが体内に入ってこないことになります。

 

脂肪が確実に減るダイエット法として注目されているわけです。

 

 

■炭水化物を抜くためにはどんな食事をしてはいけないのか?

 

・パン類
・麺類
・ご飯など

 

炭水化物は我々が美味しいと感じるものになります。

 

いわゆる主食とされるものなので、そう簡単に食べない、といったことは出来ません。

 

意識して炭水化物の摂取量を減らすしかないのです。

 

ただ、注意してほしいことがあります。

 

炭水化物を完全に摂取しないのは絶対に厳禁です。

 

また、期限はある程度区切ってください。

 

炭水化物抜きダイエットは、長期的なものとして適していないのです。

 

 

■炭水化物抜きダイエットの問題点とは?

 

・筋肉を減少させてしまう

 

体内ではエネルギーとなる炭水化物がなくなってしまうと、筋肉を分解してエネルギーに変換してしまうことがあります。

 

筋肉もダイエットに欠かせない物質です。

 

仮に、炭水化物抜きダイエットで体重が減ったとしても、筋肉が減ってしまったらいかがでしょうか。

 

ダイエット終了後に一気にリバウンドしてしまうかもしれません。

 

筋肉量が少なくなると、代謝機能が落ち込んでエネルギーの消費能力が一気に落ち込んでしまうのです。

 

せっかくダイエットしたのに、かえって状況が悪くなってしまいます。

 

炭水化物の摂取量を半分に減らすだけにとどめたり、期間を3日と決めてダイエットするのがおすすめですよ。

 

 

■イモ類の摂取がおすすめ

 

炭水化物の一つにイモ類があるのですが、実は脂肪になりにくい炭水化物なのです。

 

ダイエット中に炭水化物を完全に抜くのは問題なので、イモ類を積極的に摂取しましょう。

 

南アジアの少数民族の中には芋を主食としている人々もいるのですが、実際に太っている人はほとんどいない、といった事実もあるんですよ。