お風呂で効果的にダイエットする方法を知りたい!

昔から言われているのが、お風呂を使ったダイエット法は効果がある、といったものです。

 

しかし、どんな方法を利用すれば、より効果があるのかはわかりませんよね。

 

こちらでは、お風呂に入りながら出来る特におすすめダイエット法についてお話します。

 

お風呂に入っている時間も有効に使ってダイエットしたい、と考えている方は必見ですよ。

 

 

■お湯の温度を41度から42度に設定すること

 

・少し高温にすると血行が良くなる

 

低い温度で半身浴する、といった方法が有名なので少し不安に感じるかもしれません。

 

しかし、41度から42度はそれほど高温といったわけではありません。

 

また、41度から42度程度であると、血液の流れが非常にスムーズになることがわかっています。

 

体の体温も上がりやすいので、消化カロリーが増える傾向にあるわけです。

 

冷え性
肩こり
腰痛
むくみ

 

このような様々な症状に対しても効果があるとされる温度です。

 

しかし、41度から42度のお湯にずっと入り続けるわけではありません。

 

ちょっとした行為が重要になります。

 

 

・出たり入ったりを繰り返すこと

 

41度から42度の温度のお湯に10分も20分も連続で使っているのは危険なことでもあります。

 

一定時間で出たり入ったり、といったことを繰り返してください。

 

3分間程度、まずはお湯に浸かります。

 

そして5分程度湯船から出て休憩してください。

 

髪の毛を洗って時間を潰すのも良いですよ。

 

そして再度3分間程度有船に浸かるのです。

 

何度か繰り返してください。

 

こちらのダイエット系入浴法で注目して欲しいのが、ある程度高温のお湯を使うということ、さらに出たり入ったりを繰り返す、ということです。

 

この方法を採用すれば、身体を守りつつもダイエットに適した身体の条件を作り出すことが出来ますよ。

 

 

■1日に2回入浴する方法もある

 

・1回の入浴で400キロカロリー消費できることもある

 

お風呂に入ると非常に多くのカロリーが消費されます。

 

気づかないと思いますが、お風呂に入ると大量の汗を我々はかいています。

 

体温もアップするので、体全体が活動的になるのです。

 

そこで1日あたり2回入る、といったダイエット方法が生み出されています。

 

しかし、体に対する負担もあるので、間隔はある程度開けてくださいね。

 

最低でも5時間から6時間程度は開けたほうが良いです。

 

休日であれば、午前中に1回入って、夜寝る前にもう一回入る、といった方法がお勧めですよ。

 

ちなみに、高温のお風呂に入る場合には短時間で出たり入ったりを、こちらの1日2回入浴法でも行ってくださいね。