えっ?危険なの?ダイエットサプリの副作用とは

我々の固定観念としてあるのが、医薬品には副作用があるけど、サプリメントには危険性はない、といったものです。

 

しかし、それは必ずしもあっているとはいえません。

 

実際に、サプリメントでも副作用が報告されてしまったことがあるんです。

 

こちらではダイエットサプリメントの安全性について詳しくお話します。

 

初めて利用しようと思っている方は、何かと不安も多いと思うので必見のテーマになると思うので要チェックです。

 

 

■大量摂取には危険性がある

 

・決められた量の2倍や3倍といった摂取の仕方は厳禁である

 

決められた量であれば特に副作用が発生しなくても、量が増えてしまえば何らかの症状が現れてしまうこともあります。

 

いくら安全性の高い成分であったとしても、大量摂取には問題があるわけです。

 

ダイエットサプリメントのパッケージや説明書には、必ず1日あたりの服用量が記載されています。

 

確認してから飲むようにしてください。

 

 

・ビタミンについて

 

ビタミンといえば、安全性が高いと思いますよね。

 

実際に、ダイエットサプリメントにも含まれているのです。

 

そのビタミンには、

 

水溶性ビタミン
不溶性ビタミン

 

といった種類があります。

 

水溶性ビタミンについては、大量に摂取したとしても水分と一緒に排出されるシステムとなっています。

 

安全性が高いビタミンと思ってください。

 

一方の不溶性ビタミンは排出がされないのです。

 

過剰摂取をすると体内に蓄積されてしまい、負担をかけてしまうかもしれません。

 

このように、ビタミンを例にとっても大量摂取には問題があるわけです。

 

安全に思えても、利用の仕方によっては危険性がある、といった認識を持つべきです。

 

 

■実際に副作用報告のあるダイエットサプリに含まれる成分例

 

・メリロート
・フォースコリー
・サラシア
・ガルシニア
・漢方系成分
・ハーブ系成分など

 

このようにたくさんの成分について、実際に副作用報告されているのです。

 

この中で注目して欲しいのが、メリロートです。

 

血液の流れを良くする成分として注目されているので知っている方も多いかもしれません。

 

身体を温めることによって脂肪燃焼を加速させる効果、さらにはむくみを解消する効果が期待されています。

 

そのメリロートを飲むことで、肝機能に問題が出てしまったことがあるのです。

 

公的機関も危険性を把握しており、実際に厚生労働省でも「メリロートによる肝機能障害」を発表しているほどです。

 

短期的な服用では問題無いと思われますが、気をつけるに越したことがありません。