モデル体型を目指してダイエットする時に注目すべきこと

女性のあこがれは言うまでもなくモデル体型です。

 

しかし、モデル体型といっても、一朝一夕になれるわけではありません。

 

計画的に事を進めなければ成功しないわけです。

 

こちらではモデル体型になるためにはどうしたら良いのか、といったことを詳しくお話します。

 

モデルのような用紙になるダイエット法を知りたい方は必見ですよ。

 

 

■インナーマッスルを鍛えること

 

・見える筋肉を鍛えるとモデル体型にはならない

 

運動をするタイプのダイエット方法があると思います。

 

モデルの子も行うものではあるのですが、方法によっては逆効果になりかねません。

 

見える筋肉を鍛えるのではなく、見えない筋肉を鍛える必要があるのです。

 

ちなみに、見えない筋肉のことをインナーマッスルと呼びます。

 

皮下にあるのではなく、骨の周辺や臓器の周辺などに位置している筋肉です。

 

皮下の筋肉と同様に脂肪燃焼効果を持っており、モデル体型を目指すためにはかなりお勧めです。

 

 

・インナーマッスルを鍛えるにはどうしたら良いのか?

 

チューブトレーニングがお勧めです。

 

これは実際にモデルたちも行っている運動法になります。

 

ディスカウントストアやホームセンター、さらにスポーツ用品店などでも手に入るのですが、ゴムのようなものを伸ばして体を鍛える器具になります。

 

反発力が弱いものを使うと、インナーマッスルのみを鍛えられるのでお勧めです。

 

他にも、ヨガやピラティスといった運動法もインナーマッスルを鍛えやすいです。

 

ポーズを取ってその姿勢を維持するのに、身体内部の筋肉にだいぶ負荷をかけます。

 

インナーマッスルを鍛えることで、よりしなやかな女性らしい肉体が得られますよ。

 

 

■食事の取り方にも注目すること

 

・限界までは食べないこと

 

具体的には、腹八分目で抑えるのが肝心です。

 

どんなに体を鍛えたとしても、どんなに消費しやすい身体にしたとしても、摂取量が多くなればモデル体型にはなりません。

 

入ってくるカロリー量を減らすことで、スイレンダーな体型がやっと維持出来るわけです。

 

腹八分目は最初は難しいかもしれないので、カロリーの少ないもので満腹感を得る練習をしましょう。

 

例えば、野菜量を増やして炭水化物量を減らす、といった方法です。

 

また、食事中に積極的に水を飲むようにすると、満腹感が創出され食べ過ぎ防止になります。

 

食べ過ぎない方法は他にも色々とあるので、自分に適した方法をぜひ見つけ出してくださいね。